アミノ酸の濃度が落ちないように

そこまで意識はしてないんですが、筋肉をもっとつけるのならアミノ酸の濃度を高めることが重要課題だそうです。あまり意識し過ぎると、直ぐにやめてしまいそうなので、そこまでは考えていないのですが、ある程度の筋肉のことを考えるのなら、アミノ酸を毎日のように取ると良いんだって。

 

ダイエットで食事制限したり、一食抜いて空腹時間が長くなったりすると、せっせと筋トレに励んでも筋肉はつきにくくなる。

 

筋肉のタンパク質の分解が進むからなんですよね。

 

 

タンパク質は体内ではアミノ酸としてやり取りされており、食事からとったアミノ酸や筋肉から分解されたアミノ酸などは血液や細胞を満たす間質液などにアミノ酸として存在しているそうです。

 

これをアミのサンプルと言われてるんだって。

 

タンパク質が足りなくなったり、プールのアミノ酸濃度が低くなると、濃度を保つために筋肉のタンパク質が分解されやすくなる。そのサインとなるのを空腹、空腹を感じた時には筋肉のタンパク質が普段以上にアミノ酸に分解されてプール並行していき、肝臓でエネルギーとして消費される。

 

特に寝ている間はタンパク質が入ってこないので、筋肉のタンパク質分解が優位になり、通常は朝食を食べると分解が合成に展示、朝食を抜くと昼間で12時間異常タンパク質を分解がダラダラ進んで、結局は筋肉がつきにくくなる。

 

一番は一日三食、決まった時間につけることがいいそうです。